「はじめて」の外国人材活用術

「はじめて」の外国人材活用術

昨今の現場人材の人出不足の深刻化を受け、平成31年4月より新しい在留資格「特定技能制度」が創設されました。今後、大量の外国人が長期的に日本に流入してくることになる革新的な制度です。これまでの就労ビザによる大卒以上の高度人材の採用、途上国支援を目的とした技能実習生の受入れとは、本質的に異なります。本冊子では、技能実習制度や特定技能制度の活用、優秀な外国人の力で会社発展につなげる、雇用にあたっての手続きなど、初歩的な外国人人材の雇用について解説しています。


詳細はこちら